家庭教育支援チームかきしぶ

「かきしぶ」は、三鷹市で活動する家庭教育支援チームです。ブログでは小学生の家庭教育に関する情報を中心に発信をしてゆきます!

★★
「家庭教育支援チームかきしぶ」の事業は、NPO法人子育てコンビニが三鷹市の委託をうけて実施しています。ブログでは小学生の家庭教育に関する情報を中心に発信をしています!

【事業に関する問い合わせ】
三鷹市スポーツと文化部 生涯学習課 0422-45-1151(内線2922)
e-mail: shogai@city.mitaka.tokyo.jp
★★

 家庭教育支援チーム「かきしぶ」は、平成20年9月に、小学生保護者のための家庭教育支援コミュニティ「かきしぶ」として特定非営利活動法人子育てコンビニに運営委託する形で発足しました。平成28年度から文科省の補助金の見直しがあり、事業名を家庭教育支援コミュニティ「かきしぶ」と変更して実施してきました。
 平成29年度に地域SNSポキネットが廃止されたため、平成30年度の「かきしぶ」は、双方向での家庭教育情報の提供ではなく、ブログによる一方通行での情報の提供という形態で実施してきました。そのため発足当初に目的としていたインターネットを通じて子育て中の保護者と交流する環境が提供できなくなった状況を踏まえ、平成29年度に文部科学大臣表彰を受賞したことや10年間の活動成果を取りまとめたリーフレット「みた!キイタ!三鷹の小学生」が発行できたことなど、当初目的としてきたインターネットを媒介とした家庭教育支援事業の方法に一定の成果をみたことから、平成30年度末をもって「かきしぶ」を終了することとしました。

なお当ブログは4月以降は更新がなくなりますが、引き続き6月末頃までは閲覧可能です。
本日までのご理解、ご参加、ご協力ありがとうございました。

★★☆☆家庭教育支援チームかきしぶでの主催ではありません。 ☆☆★★
東部図書館3月21日(木・祝)リニューアルオープン!
昨年9月より長期休館していた東部図書館は、耐震補強や空調設備の更新などの改修工事が完了し、リニューアルオープンします。
滞在・交流型の図書館として生まれ変わる同館では、児童コーナーや時間交代制の学習席を新設するとともに、前庭には交流スペースとしてウッドデッキを設置し、テラス席でゆったりと飲食ができるようになります。雑誌書架もリニューアルし、所蔵雑誌を90タイトルに増やします。春に咲く同館自慢の藤棚もお楽しみに。
長期休館中は皆様にご不便ご迷惑ををおかけしましたが、新しく滞在・交流型図書館に生まれ変わった東部図書館にぜひお立ち寄りください。 
   ⭐️リニューアルオープンセレモニー⭐️

[日 時] 平成31年3月21日(木・祝) 午前9時~9時30分 
[会 場] 東部図書館 正面入り口
[申し込み] 当日会場へ
   終了後は館内見学会を実施します。
◆東部図書館の利用案内

◇所在地  〒181-0002 東京都三鷹市牟礼5丁目8番16号
 TEL:0422-49-3851
 FAX:0422-46-3488
◇開館時間 午前9時30分~午後5時
◇休館日  月曜日、第3水曜日、年末年始、特別整理日
◇図書資料 約63,000点

中学生から伸びるために今からできること
『三鷹「学び」のスタンダード』にみる、学力と生活習慣の相関


http://kakishibumitaka.blog.jp/archives/15522537.html

2月17日(日)三鷹市市民協働センターにて開催しました!

小学生の保護者の方がたくさん参加してくださいました。
ご夫婦での参加の方も、なかには小学3年生の保護者の姿も、
皆さん講座内容にとても関心が高いことがわかります。

講師は、三鷹市教育委員会指導課 指導主事 中村 泰夫さん

品川区・渋谷区で中学校の数学教諭をされていたご経験もあり、
さらに、中学生のお子さんもいらっしゃるということで、
教師の目・保護者の目からの幅広いお話をしていただきました。
20190224090640

当日のお話の流れは
・自己紹介
・小学校と中学校の違い
・中学生の一日
・ICE BREAK
・中学生との接し方
・中学生の実態
・三鷹「学び」のスタンダード
・coffee Break
・新学習指導要領
・内申点のホント・ウソ

中学生の一日では、朝、8時20分までに登校。
部活動をはじめた場合には、18時半下校。

部活がはじまったばかりは、家に帰ってきて玄関で寝ていたお子さんも・・・と、いうお話もあり、
宿題も教科ごとになることも聞かされ、「忙しいそう・・」と、声があがっていました。

ICE BREAK では、自分の考えを伝える。
聞こうとする姿勢も大切なことを体感できました。

20190224090740_LI

中学生との接し方では、
男の子と女の子との成長の違い、
認められたいけど・・・というような中学生特有の気持ちや、
1人の大人の人間としての接し方の大切さを教えていただきました。

「ほめる」は子どもの価値を高めるための手段
中学生の実態では、
三鷹市の今年の中学生のデータで、睡眠時間やテレビや携帯等の視聴時間などを出していただきました。

新学習指導要領のお話や、内申点のウソ・ホントは、とても興味深いお話でした。

全ては、中学校生活で何を学んできたかが大切である!
と、締めくくってくださいました。

質疑応答には、最後まで時間超過となりましたが回答いただき、
講座時間は、あっという間に過ぎました。

20190224090715_LI

参加された方の感想を一部抜粋して挙げさせていただきます。

・細やかな中学校事情を楽しく聞くことができてよかったです。
安心して中学に通うことができそうです。
・心配・不安はだいぶ払拭されました。
・自分の時代とは変わっているということがよくわかりました
・中学生活がどのようなものかを知る良い機会でした

参加された保護者のみなさんからは、
中学校生活への心配や不安が少しでも軽減された感想をよせていただきました。

接し方や、生活習慣の見直しは、お子さんが小さいうちからでも行えると思います。
講座に残念ながら参加できなかった皆様も、
この機会にお子さんと向き合ってみるのもよいかもしれませんね。


★★☆☆家庭教育支援チームかきしぶでの主催ではありません。 ☆☆★★

家庭教育学級 「たった一つの命だから」
  「たった一つの命だから...」一人の少女が残した心をつなぐ命のメッセージ。そして寄せられた沢山の「たった一つの命だから...」で始まるストーリーを朗読会という形でお届けします。
※三年生生徒も出席します。
主催
   三鷹市教育委員会、三鷹市立第四中学校、同校PTA

日時
   2019年3月14日(木)午前10時~11時30分(受付開始は午前9時45分)
場所
    三鷹市立第四中学校 体育館   
講師
    特定非営利活動法人 たった一つの命のみなさん
持ち物
    室内履き
お申込み
    事前に電話でお申し込みください。
お申し込み・問い合わせ
    指導課  電話0422-45-1151 内線3243
--●--●--●--●--●--●--●--●--●--●--●--●--
家庭教育学級ってなに?
子どもたちが心身ともに健やかに成長できるように家庭の役割や課題を学ぶ場であるとともに、学校・家庭・地域が連携して子育てに取り組めるよう考え合う機会として市立全小・中学校で家庭教育学級を実施しています。
参加対象者は各校PTAまたは保護者を基本としますが、希望する市民の方も参加できます。

★★☆☆家庭教育支援チームかきしぶでの主催ではありません。 ☆☆★★

家庭教育学級 講演会「子どものやる気をぐんぐん伸ばす!」

 鷹南学園では子どもたちの「挑戦心、やりとげる力、協働する力」を高め、「自分で考え、行動する力」を育むため、プロスポーツ選手などが学んでいるスポーツメンタルトレーニングのスキルを取り入れています。子どものやる気を引き出すポイントなどをお話しいただきます。
主催
   三鷹市教育委員会、三鷹市立東台小学校、同校PTA

日時
   2019年2月16日(土)午後2時~3時30分(受付開始は午後1時30分)
場所
    三鷹市立中原小学校 図書室
  (会場は東台小学校ではありませんのでご注意ください。)
講師
     小林 玄樹さん(スポーツメンタルトレーニング指導士)
持ち物
    上履き、下足を入れる袋
お申込み・お問い合わせ
    事前に電話でお申し込みください。
    指導課  電話0422-45-1151 (内線3243)
--●--●--●--●--●--●--●--●--●--●--●--●--
家庭教育学級ってなに?
子どもたちが心身ともに健やかに成長できるように家庭の役割や課題を学ぶ場であるとともに、学校・家庭・地域が連携して子育てに取り組めるよう考え合う機会として市立全小・中学校で家庭教育学級を実施しています。
参加対象者は各校PTAまたは保護者を基本としますが、希望する市民の方も参加できます。

↑このページのトップヘ